「あの感覚が忘れられません」副鼻腔炎

施術で行う頭の施術は、クラニオセイクラルワークというオステオパシーの手技で、「この筋が固くなっていて、こちらが動きづらいかも」というような視点とはちょっと違う見方をします。