身体が動き方を知る、ひととき<こども整体>

先日の”お母さんとこどもの整体デー”をきっかけに「学校の側弯症検査に引っかかって、でもどこへ行ったら良いのか。。バキバキされたら怖いし。。なんて思ってたところだったんです。」と見つけてくださった方達が、最近相模大野サロンにもきてくださっています。

こどもの整体をさせていただいて思うのですが、身体”が”動き方知らないだけっていうことが大きいのかなと。もちろん全部じゃなくて、あれ?ここ抜けちゃってるかな?という所が動ける様になると、自然と良い姿勢になれていく感じがします^^結局施術でも細かい所も、刺激に筋肉などに反応してもらって(思考でだけじゃなく)身体に知ってもらうことだから要は一緒かな(笑)

側弯症って?

後ろから見た時に横方向にS字カーブやC字カーブが大きくなってしまってる状態を言います。

日本側彎症学会は、運動療法や徒手矯正での改善は無いとしている。

物の持ち方や姿勢とは関係が無い事が判明している。(wikipediaより)

となっていますが、(私の少ない経験での話でですが)軽度な側弯はすぐに変化がみられる印象なのですがどうでしょう。神経性や脊椎の変形などが原因のものや、重度になってきてしまうと中々改善が難しいかもしれませんが、横隔膜や肩甲骨・骨盤の位置が変わるだけで変化して動きやすくなる方がいるのは見ているので、

「側弯症改善の治療」という目的ではなくても「横隔膜がちゃんと動いて呼吸できるように、肩甲骨をしっかり動かせる様に、脚を前に出せるように、背骨がしなやかに連動できるように、などなど」していくことは元気に身体を使えるために良いことだと思うので、体育的な目的で整体を使ってもらうのも良いんじゃないかなぁと思うのです。


こっち動かしてみようか〜

しゃんとしてかっこよさが増したね!


嬉しいご感想をシェアしていただきました!

ありがとうございます♪(*´ω`)

赤ちゃんもお母さんと一緒にゆるり

赤ちゃんのクラニオもさせていただいて、「赤ちゃんは母体から出てもまだお母さんと繋がっている」とtomoko先生(赤ちゃんとお母さんのダンスクラスなども開催しているアーティストな先生♪→主催のFlowNaturallyこちら)が言っていましたが、ほんと、きっとそうなんだなと感じます。

なので赤ちゃんはお母さんも身体のケアをしてゆるりとホッとできて、一緒にゆるりとホッとしているうちに。。^^フレームドラムをみんなで叩いていた後だったことも重なってかリラックスして受けてくれました。相模大野サロンでもお母さんに叩いててもらおうかな(笑)
抱っこ感もふんわり!なんだか良い感じ○

左目と鼻が上がる位置だったのが動きがでてきました(お写真許可をもらって載せさせていただいています)

ケアさせてね〜

笑っちゃうの(笑)

相模大野サロン玉響では親子整体キャンペーンやっています^^

元気に遊んでたまに身体の学びして、すくすく育とう(*’ω’*)ん?大人も一緒かな(笑)

Follow me!

この記事を書いた人

郷原綾乃
郷原綾乃
ダンス趣味暦14年、整体暦12年のセラピストがダンスの動きなどを整体目線でひも解いてみています。踊り目線を通すと、整体も楽しく日常に取り入れられることを感じ日々活動しています。

ワークショップ・講座

なぜかを学びながらボディケアを使えるように